海外衛星受信の予算

海外衛星とは
05 /25 2005
■自力で設置すれば5万円ちょっとで済む場合も

海外衛星の受信機器は必要最低限だけを揃えて自力で設置すればそんなにべらぼうな値段にはなりません。マルチテレビを買わないケースを含めれば3or4万円~10万円程度で十分です。10数万円もあればかなり良い機材を買う余裕が出てくると思います。

予算には必要な受信機材にケーブル、重石といった小物の価格を含めて計算します。


■価格とサポートを加味して予算を決める

海外衛星受信機器は総じて専門小売店では割高となりますが、品質が保障された製品を丁寧なサポートを受けた上で購入できるという利点があります。小さな疑問や受信トラブルのサポートを継続的に受けたいという人であれば、最初から小売店を利用することをお勧めしたいと思います。

最近ではYahoo!オークション(「海外衛星」と検索してみてください)で格安セットが売られていますが、機械類が苦手で海外衛星が全く初めてという人にとっては利用しづらいかもしれません。ただしコツを覚えてこまめなサポートがなくても取り付けられる人にとっては有用な場となっています。

目安となる予算は以下の通りです。(詳しくは各販売ショップのHPをご覧下さい。)

●パラボラアンテナ
 ・75cm以下;~1万円
 ・90cm級;1万円前後
 ・120cm級;1万円前後~2万5千円前後(廉価タイプから安定した1枚物まで)
 ・150cm級;1万円強~2万円(オークションに多い廉価タイプが普通)
 ・180cm級;2万5千円前後~3万5千円前後(廉価タイプが多い)
 ・240cm級;5万5千円前後~8万円弱(小売店にはメッシュ製品も)
 ・300cm級;10数万円~
 ・400cm級;50-60万円相当~
 ・500cm級;100万円相当前後

●LNBF
 ・3千円前後~1万数千円

●アンテナ台
台一体型、台付属製品の場合は必要ありません。
 ・小型アンテナ用お手軽タイプ;5千円前後~
 ・大型アンテナ用国内メーカー製品;数万円

●アンテナ固定金具
 ・重石(コンクリ板等);100kg分以上買うとして1万数千円前後~
 ・コンクリートアンカー;まとめ買いで数百円~千円前後

●海外衛星チューナー
 ・廉価タイプ;1万円弱~1万5千円前後
 ・オークションに多いスタンダード商品;2万5千円前後~3万円弱
 ・小売店取り扱い有名メーカー製;3万5千円前後~4万円台

●マルチテレビ
チューナーの映像方式変換機能を使わない場合には購入の必要有り。但し台湾系、韓国系チャンネルのみ視聴する場合は日本のテレビで十分。
 ・ブラウン管テレビ;2万円弱~
 ・液晶テレビ;8万円前後~

●同軸ケーブル(BS/CS用テレビケーブル)
 ・3千円前後(10-20m)

●接栓
 ・室内用;1個200円前後
 ・防水タイプ;1個700-800円前後

●ビデオケーブル
 ・数百円~数千円

●自己融着テープ
 ・1ロール数百円


■節約する上での注意点

但し出来る限り予算を削ることはしても、重石の数を減らしたり固定ワイヤー・ロープといった安全に関わる部分を不十分にすることは避けた方が良いと思います。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box