【手順7】チャンネル情報の確認とチューナーのセット

受信作業の手順
11 /07 2009
(4年前に書いたものを加筆・修正しました)

■衛星・周波数情報を最新のものに変える

アンテナ調整・衛星捕捉作業の前に、チューナーに登録されている衛星・周波数情報を最新のものにアップデートします。

海外衛星受信の世界では多くの周波数が埋まっていてフル稼働しているような衛星を中心にチャンネルの入れ替わりが多く、チャンネルによっては同じ衛星でも異なる周波数やSR(シンボルレート)に中途変更されたり、場合によっては別の衛星に引っ越してしまうこともあります。

そのためチューナーにプリセットされている情報では古くて使い物にならないことがしばしばです。

そこで、海外衛星受信を行う前に衛星・周波数の情報を提供しているサイトを参照しながら自分でチューナー登録情報を書き換えます。

この作業を行わないとチューナーが衛星のシグナルを正しく認識できず、「アンテナが既に衛星方向に向いているのにシグナル・クオリティバーに反応が出ないため何時間も作業を続けてしまう」という失敗の原因になるので要注意です。


■チューナー設定画面で修正・追記する部分

海外衛星チューナーを手に入れてからまだ設定を何もいじっていない場合は、衛星・TP(トランスポンダー)設定メニュー画面で次のような修正を加えます。

1)既に放送がされていない周波数の項目を削除する。
2)同じ周波数のままでもSR値や水平・垂直偏波の別が変わっていれば、その部分を修正する。
3)現状と異なるFEC値が登録されていれば変更する。通常はチューナーが自動に判別してくれるのでAUTOにするのがお勧め。
4)チューナーに登録されていない新規の周波数について追加登録を行う。


■チャンネル情報の調べ方

まずは「Lyngsat」」のチャンネルリストを見てみたいと思います。ここでは「Asiasat3S」のCバンド放送を例として挙げます。



1)周波数

放送チャンネルの周波数です。1つの周波数にチャンネルが1つだけ入っている場合と、複数入っている場合とがあります。ラジオ放送がある場合はテレビ放送の下に併記されます。

2)偏波

電波の進み方の違いです。詳しくは「偏波」についての過去ログをご覧ください。

 ・垂直偏波(V)
 ・水平偏波(H)
 ・右回転の円偏波(R)→注;チューナーでは「V」で代用登録
 ・左回転の円偏波(L)→注;チューナーでは「H」で代用登録

3)放送者名

ひとつの周波数に複数のチャンネルを詰め込んでいる場合は、放送者の名前が表示されます。衛星伝送会社、有料チャンネル提供会社、放送局などの名称が書かれます。

放送者名のところにリンクがはってある場合は、その業者の公式ウェブサイトがあるということです。スクランブル放送の場合はこうしたサイトを訪問すれば日本で視聴契約が可能かどうかを調べることができます。

4)チャンネル名

テレビチャンネルの名称です。通常チューナーがチャンネルサーチをした時に自動でインプットしてくれるので、自分で書き込む必要はありません。

チャンネル名のところにリンクがはってある場合は、放送局もしくはチャンネル専用のサイトがあるということです。番組表のチェックなどに利用できるので便利です。

5)放送の種類とスクランブルの有無

上の段がアナログ放送とデジタル放送のうちどちらなのかを示しています。「NTSC」もしくは「PAL」といった映像方式の名称が書かれている場合はアナログ放送ということになります。「DVB」とある場合はデジタル放送なので、受信にはデジタルチューナーを使います。

今はデジタル放送に移行しているのでデジタルチューナーだけで足りますが、アナログ放送を狙っている人はアナログチューナーを別途購入しなければなりません。

また新しい方式としてMPEG-4方式の放送や「DVB-S2」方式のハイビジョン放送も増えてきました。これらの放送は普通の海外衛星DVBチューナーでは受信できないので、HDTV対応DVB-S2海外衛星チューナーを用意する必要があります。

デジタル放送かつスクランブル放送の場合は欄が赤くなっており、スクランブルの方式が明記されています。Viacces、Irdetoといった複数の方式があり、視聴するにはその方式に対応した視聴カードスロットを備えている有料放送用デジタルチューナーを買わなければいけません。

なお、スクランブル放送でも放送業者用に映像を送ることが目的である場合には一般視聴者が受信契約を結びスクランブル解除して放送を見ることが出来ないようになっています。一つの周波数帯にMTVやCNNのチャンネルが複数詰め込まれているようなケースはこちらに該当します。

スクランブル放送はチューナーにおいて「$」マーク等で示されます。放送によっては形式上スクランブルマークがついているだけで実際には無料視聴できるケースもあるので、Lyngsat等や海外衛星掲示板・フォーラムの情報と照らし合わせながら確認してみて下さい。

6)SR値

これはシンボルレートの略です。周波数と並んで重要になってくる数値です。チャンネルの存在をチューナーに認識させるためにはこの数値を入力し、「こういう数値に基づいた放送がここにありますよ」と知らせなければなりません。

7)FEC値

放送の信号を送る際に生じるエラーに関連した数値です。通常のチューナーではこのFEC値をわざわざ自分で入力する必要はありません。AUTOに設定するのが一番楽でお勧めです。

8)ビデオPID
9)オーディオPID

PIDは「プログラムID」の略です。同じ周波数の中に入っている複数のチャンネルを区別するために割り当てられている数値です。

通常この数値を自分で入力する必要はありませんが、「ある時から音が聞こえなくなってしまった」というような場合にはこのPIDが変更されている可能性があります。そのような時にはチャンネルサーチをやり直すか、チューナーのチャンネル情報設定画面にて自分で新しい数値を入力します。

10)言語

言語を表すアルファベットです。「E」は英語、「C」は中国語といった具合に表記されています。

略号の意味が分からなければ放送局のサイトを見れば大丈夫です。たいていはどの言語の放送でどこの国のものなのかを住所表示などから知ることができます。

ただし、こうした衛星リストのチャンネル一覧では、放送言語の表示が間違っていることがあります(特にマイナー言語)。特定チャンネルの受信を狙う場合は公式サイトを訪れるなどして正しい使用言語を確認した方が安心です。


■チューナーの衛星・周波数情報登録に必要となる数値

操作画面はチューナーによって大きく異なりますが、普通は「インストール」、「衛星設定」、「TP設定」、「チャンネルサーチ」、「チャンネル設定・編集」といった名前のメニューが用意されていると思います。

周波数情報を編集する画面では以下の数値を入力・修正します。

●衛星情報

衛星情報設定メニューには「Satellite Setup」といった名称がついています。衛星情報がプリセットされていれば、そこから受信したい衛星の名前を選びます

衛星の名称は時折変更されるので、その場合は同じ位置(緯度)にある先代の別名衛星を選ぶか、先代の同位置衛星の名称を修正して新しくするか、衛星リストの新規項目として追記するなどします。

なお、シンプルなチューナーには衛星名を設定する機能がなく、単に「アンテナ1」、「アンテナ2」となっている場合があるかもしれません。

●LNB情報

LNBには局発周波数という数値があって、チューナーに間違った周波数で登録してしまうとアンテナが衛星に向いていてもシグナルバーが反応しません

LNB情報はチューナーの「衛星設定」や「LNB設定」画面で登録するようになっていると思います。そこでは、受信に使用するLNB(F)の周波数を選択します。一覧に自分が使っているLNBの周波数が登録されていなければ、手動で入力します。

CバンドLNBだと殆どが5150MHzです。Kuバンド用ユニバーサルLNBFだと9750/ 10600MHz・・・といった具合にLNBにより局発周波数は異なるので、製品の箱やラベルに書かれた数値を確認します。

●切り替えスイッチ情報

衛星設定画面等で設定します。DiSEqCや0/22KHzトーンスイッチを使っていない場合は必ずOFF設定になっていることを確認して下さい。

●周波数(TP)情報

衛星の周波数情報を設定するメニュー画面に移動します。

まず、Lyngsat」」等を参照し、チューナーに登録されている情報と現状との食い違いをチェックします。

通常いじるのは以下の3つだけで十分です。
 ・周波数(MHz)
 ・シンボルレート(SR値)
 ・偏波(HもしくはV)


■入力が終わったら

入力したら、OKボタンを押すといった情報保存操作を忘れずに実行してください。そうでないと入力情報が消えて苦労が水の泡になってしまいます。


■全てを同一のメニュー画面で設定するチューナーの例



必要な情報が入力・保存されたことを確認してからシグナルバーの反応を見ながらアンテナ調整を行うという流れになります。


■衛星設定、トラポン設定、チャンネルサーチが別々のメニュー画面となるチューナーの例



衛星(LNB)設定画面で衛星の名称やLNBの周波数を設定。



トランスポンダー・チャンネル設定画面で周波数やSR等を入力し登録していきます。



チャンネルサーチメニューにて、予め登録しておいた周波数を選択。シグナルバーとクオリティバーが振れていることを確認してサーチを行います。


------------------------------------------
<<前の手順に戻る | 手順目次に戻る | 次の手順を見る>>

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box