【手順9】チューナーのチャンネルサーチ画面を出しアンテナ調整に備える

受信作業の手順
11 /07 2009
(4年前に書いたものを加筆・修正しました)

■チューナーの設定画面

アンテナの設置が済んだら、いよいよアンテナやLNBFの位置を調整して衛星をキャッチするための調整作業に入ります。その際、海外衛星チューナーの信号強度表示バーの反応を見ながら作業を行う必要があります。

予め接続を済ませておいたテレビとチューナーのスイッチをONにし、チューナーの衛星/周波数設定画面を出します。

お目当ての衛星を探すにはチューナーの設定が正しいことが大前提となるので、以下の点を再度確認して下さい。

1)受信したい衛星の名前を正しく選択する
2)受信したい衛星の現役で使用されている周波数・SR値を選ぶ
3)LNBFの正しい局発周波数を選択する[例;Cバンドならば5150MHz]
4)LNBFへの電源供給をON設定にする
5)使用していないアンテナ切り替えスイッチをON設定にしない


■衛星・周波数設定とチャンネル検索を全て同じメニュー画面で行うチューナーの例



衛星、周波数等の設定を全て同一のメニュー画面で行うタイプのチューナーでは受信したい衛星の名前を表示させ、アンテナ調整に使いたい周波数、偏波を選択します。

画面でシグナルバーとクオリティバーが両方ともふれれば、選択した周波数でシグナルが見つかったということになります。シグナル強度、クオリティベル共に%の数字が大きければ大きいほど受信状態が良いことを示します。


■衛星設定、トラポン設定、チャンネルサーチがそれぞれ別メニューに分かれているチューナーの例



メニュー画面が細分化され機能性の高いチューナーでは、衛星・周波数・SR値・偏波設定のメニュー、LNBの設定メニュー、チャンネルサーチメニュー、といった具合に分かれているケースが普通です。

このようなチューナーでは、

1)受信したい衛星の名前を確認する
2)使用するLNBの情報を設定する
3)受信したい衛星の周波数情報を確認する
4)サーチ画面でチャンネル検索を行う

といった順番で設定の確認を行います。



アンテナ調整で衛星探しをする際には、上のように受信したい衛星のうち特定の周波数でのシグナルバー反応を見られるよう、特定の周波数を選択するとその周波数の強度がバーで表示されるタイプのメニュー画面を使います


■シグナルバー、クオリティバーの表示について

通常、設定画面では受信したシグナルの強さとクオリティを示すカラーバーが別々に1本ずつ表示されるようになっています。設定した周波数とSR値を持つチャンネルを含む衛星にヒットすると、それまで何も色のついていなかったカラーバーに変化が見られるようになります。

但し、チューナーによっては衛星を捕捉していなくともLNBFに通電されている限りシグナルバーが一定数値を示し続けるものもあるようです。このようなチューナーではヒットしそうな周波数を選びクオリティレベル表示バーがふれるかどうかで衛星発見の判断を行います。


■注意点

●シグナルが強い周波数でアンテナ合わせをする
アンテナ調整に利用する際、シグナルが強くて受信がしやすい周波数を選ぶようにします。これについては当ブログの受信報告でクオリティレベルが高いものを選ぶことをお勧めします。(シグナル強度/クオリティレベル)表示が(78/30)といった周波数は駄目で、(99/80)といった周波数を選ぶのがお勧めです。

●日本をカバーしているビームの周波数で
衛星リストから好きな周波数を選べば良いのですが、フットプリントやビーム名の欄を確認し、日本をカバーしていない周波数を間違えて選ばないようにします

●SR値は低すぎず、高すぎず
SR値の低すぎる/高すぎる周波数を選ぶと、チューナーが信号にロックしづらいことが多いのでアンテナ調整には使わないようにします。SR値が1000、2000台と低すぎる周波数や逆に30000を超える高すぎるものも避けると無難です。

●FECが5/6や7/8は受信が難しい周波数が多い
またFEC値が5/6や7/8といったトランスポンダーも受信しにくいため、1/2~3/4のものを選んで下さい。

●アンテナ調整に難航したら他の周波数も試してみる
選んだ周波数でうまくいかなければ別の強そうな周波数に切り替えてアンテナ調整を続けてみて下さい。


■PCの海外衛星チューナーボードを使う場合

海外衛星のチューナーボードしか無い場合、シグナルバーの反応が遅かったりバー表示が小さく見にくい等の理由により衛星探しの作業は通常よりもしにくいかもしれません。

作業の際はすぐにアンテナを動かさず、しばらく反応を見ながら時間を取るようにします。



上は私が使用しているTwinhan DTVバージョン2.431での設定画面です。衛星名、LNBF周波数等を選択し「適用」ボタンを押してからでないとシグナルバーはふれませんでした。

これでアンテナ合わせをしたことはありませんが、既にアンテナが衛星に向けて固定されている限りはスムーズにバーが表示されるように思います。


------------------------------------------
<<前の手順に戻る | 手順目次に戻る | 次の手順を見る>>

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box