【手順13】同軸ケーブルの引き込み穴をふさぐ

受信作業の手順
11 /07 2009
(4年前に書いたものを加筆・修正しました)

全ての作業が終わって問題が無いことを確認したら、同軸ケーブルの引き込みを行って終了です。

アンテナ調整時のみ同軸ケーブルを本来の設置場所ではない所に通していた場合は、エアコン用パイプの引き込み穴など同軸ケーブルを実際に通す場所に設置し直します。

壁に新規に穴をあけた場合などは雨水の浸入を防ぐために防水処理を行います。予めDIYセンター等でパテを買っておいて、アンテナ調整作業終了後すみやかに穴を埋めるようにします。


■壁に穴を用意できない時のすきまケーブル

すきまケーブルを使う場合は、サッシ部分に両面テープを貼ってケーブルの平らになっている個所を固定すると良いようです。

我が家では以前十分に固定していなかったため、断線が起きやすかったように思います。


------------------------------------------
<<前の手順に戻る | 手順目次に戻る | 次の手順を見る>>

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box