【手順14】部屋に戻ってチャンネルを全てサーチさせる

受信作業の手順
11 /07 2009
(4年前に書いたものを加筆・修正しました)

アンテナの調整とケーブルの引き込みが終わったら、部屋に戻ってチューナーを操作しチャンネルを検索・登録させます。


チャンネルサーチ画面の例~見つかったチャンネルが表示されていきます

見たいチャンネルだけを登録したい場合は、特定周波数(チューナーメニューではTP=トランスポンダーと記されていることも多いかと思います)のみのサーチモードにして特定周波数のチャンネルだけを検索・登録するように指定すればOKです。

チューナーでは通常FTA放送のみのサーチ、有料放送のみのサーチといった区別が出来ます。

「登録されていても結局のところ常時見られないような有料放送が大量に登録されると普通に見られるFTA放送スをチャンネル一覧から探すのが難しく面倒だ」といった場合にはFTAオンリーサーチを行うと便利です。


■特定の周波数でチャンネル登録できない場合

シグナルが十分に得られていても放送サービスによっては普通のサーチモードではチャンネル登録されないケースもあります。その場合はPIDを手動入力するマニュアルサーチモードを試してみて下さい。


------------------------------------------
<<前の手順に戻る | 手順目次に戻る

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box