Linuxチューナーの外付HDDの録画tsファイルをWindows PCに移して管理

Linuxチューナー
03 /30 2010
LinuxチューナーであるAZBox HD Eliteには録画用として外付HDDを接続してあります。



中身のファイルはチューナーのメニューから、更にPCの専用エディタにおけるFTP接続によっても確認はできるのですが、録画ファイルである.tsファイルをPC側にコピーする際、直接PCに外付HDDをUSB接続してファイルを移動する方法も便利だと思い試してみることにしました。

ところがWindows PCでUSB大容量記憶装置デバイスとして認識されているものの、マイコンピュータで「デバイス名称(英字:)」の形で一覧に表示されず、一見したところコピー&ペーストによるファイルの移動が行えないようでした。

ここでLinuxチューナー側で外付HDDをフォーマットし直していたことを思い出し、Windows PCでLinux用にフォーマットされた外付HDDからファイルを取り出す方法を探してみることにしました。

今回試したのはExt2Fsdというソフトです。


Ext2Fsdのマネージャー画面です。当方のPCでは英数字「I」が割り当てられています。


Windows XPのマイコンピュータ画面でハードディスクドライブ(I:)として表示されるようになりました。

インストール後、Windows XPのマイコンピュータ画面でLinuxチューナーにてフォーマットした外付HDDが無事に表示され、通常通りコピー&ペースト等でファイルをまとめて移せるようになりました。

ちなみに録画ファイルの形式は.tsで、再生にはGOM Playerを使っています。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box