Enigma2でのシグナル表示と読み方

Dreambox/Enigma2
05 /17 2010
(DreamboxのDM800HDやDM8000HDで採用されているEnigma2インターフェースに関する記事です。IPBox 9000HDに移植されたバージョンを使用しているので、本家Dreamboxとは仕様や発生するバグの種類・度合いに違いがありますのでご注意願います。)

Enigmaインターフェースにおけるシグナルレベル表示は普通の海外衛星チューナーとは異なるため、どれが何を示すのか分からず、海外フォーラムで調べることにしました。

http://alsat.co.uk/forum/showthread.php?t=289252

【SNR】
Signal to Noise Ratioの略。いわゆるシグナルクオリティーだとのこと。数値が高ければ高いほど好ましい。
【AGC】
Automatic Gain Controlの略。いわゆるシグナル強度だとのこと。こちらも数値が高ければ高いほど良い。
【BER】
Bit Error Rateの略。信号のエラー率を示すため、低ければ低いほど良い。最低値は0。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box