Enigma2~satellites.xmlファイルと衛星・TP情報の編集

Dreambox/Enigma2
05 /18 2010
(DreamboxのDM800HDやDM8000HDで採用されているEnigma2インターフェースに関する記事です。IPBox 9000HDに移植されたバージョンを使用しているので、本家Dreamboxとは仕様や発生するバグの種類・度合いに違いがありますのでご注意願います。)

今回初めてEnigma2インターフェースに触れて探し回ったのが、衛星・トランスポンダーが追加・編集・削除できる設定メニューでした(^^;)

調べてみるとDreamboxは衛星・周波数設定メニューに関して普通の海外衛星チューナーとはだいぶ異なる作りになっているようで、プラグイン無しのデフォルト状態ではエディタなりユーティリティーソフトなりでsatellites.xmlファイル自体をいじるような形がメインになるらしいことを知りました。


■satellites.xmlの概要

Dreamboxの衛星・トラポンデータは「satellites.xml」というファイルに格納されており、Enigma2の場合は「/etc/tuxbox」(注;Enigma1のDM500S等とはフォルダ位置が異なります)フォルダに置かれています。


xmlファイルの中身は上のように記述されており、
 ・sat name(衛星名)
 ・flags(スキャンに関連した選択肢)
 ・position(衛星の経度)
 ・transponder frequency(周波数)
 ・symbol_rate(シンボルレート=SR)
 ・polarization(偏波)
 ・fec_inner(FEC)
 ・system(放送規格)
 ・modulation(変調)
といった項目に関して数値を入力することで衛星・トラポンデータが表される仕組みになっているとのこと。


■satellites.xmlの生成

satellites.xmlを一から自分で作成するのは大変なので、生成サービスを利用するのが一番良いようです。

●satellites-xml.eu


http://satellites-xml.eu/
satellites.xmlといえばこのサイトなのだとか。実際にファイルを作成しましたが、情報のアップデートがしっかり行われており、アップデート漏れの少ない状態で正確な数値が打ち込まれたxmlファイルができるので大変信頼性が高いように感じました。

●DreamBoxTools


http://sathunter.com/
PCにインストールしてLyngsatの衛星・TPデータを取得後、satellites.xmlを生成するというツールソフトです。実際に試してみましたが、情報漏れが多少あるようなので今後は上のsatellites-xml.euを利用する予定です。


■satellites.xmlの編集

●テキストエディタ



satellites.xmlはテキストエディタで開くと編集できるため、Dreambox用ツールを使わない修正作業に使うなどしています。20行分のトラポンデータをそっくりそのままコピー・ペーストする際などに大変重宝しています。

●DreamSet

海外サイトで紹介されていたエディタです。



satellites.xmlファイル単体を指定して開くことができ、新規衛星の入力・追加オプションも用意されています。



トラポン設定画面で、偏波の水平や垂直が数字の0、1ではなく英字のH、Vに置き換え表示されているのが分かりやすくて良いです。

●DreamBoxEdit



こちらは広く使われている大変有名なエディタだとのことです。ネット上のサイトで生成したsatellites.xmlを単体で開こうとするとエラーが出てしまいましたが、チューナー側から取得したファイル一式に含まれるsatellites.xmlを開く分には問題がありませんでした。


■衛星・トラポンデータ更新の反映

satellites.xmlファイルをチューナーに転送後、リブートをかけると新しいファイルが読み込まれ変更部分が反映されるという形になっているようです。

どうにも不便ではあるのですが、satellites.xmlファイル生成サービスを使えば衛星データを取得したら後は自分で手を加えてからチューナー側にFTP転送すれば良く、satellites.xmlファイル取得に関するプラグインもあるようなので、何とかしのげそうだという感じはしてきました。

とはいえ数日でごく普通な使い勝手のAZBox HDに回帰してしまい、Enigma2は将来Dreamboxを買い足すかどうかの参考も兼ねて機能や操作について学習する用途でいじっていこうかという方向性に固まりつつあります。Enigma2はスクランブル解除や豊富なプラグインという点では魅力的なのだと思いますが、普通に海外衛星を見るという目的に合致しているかどうかはまた別の話だというのが現時点での正直な感想です(^_^;)

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box