Linux海外衛星チューナーにおけるLAN・ネットワーク接続設定手順

Linuxチューナー
06 /19 2010
有線・無線LANでインターネットやPCに接続できるタイプの海外衛星チューナー(ほとんどはLinuxチューナー)では、購入後ネットワーク接続の設定を行う必要があります。

日本語の海外衛星掲示板で話題に上っていたのですが、こちらのブログで設定に関してのまとめ記事を書いていなかったことを思い出し、文字と画像で手順を記録しておこうと考えた次第です。

■モデム、ルータ、PC、チューナーの接続関係



上は以前別のページに使った画像です。(Linuxチューナーの概要やIPアドレスについての紹介がそちらのページに書いてあります。)

LANポートのあるLinuxチューナーはルータを介したネットワーク接続により
 ・PC(各種設定やデータ保存を行うソフトを使うため)
 ・プラグインを提供する外部インターネットサイトのサーバ
 ・プラグインでアクセス可能なYouTube、RSS、ネットラジオ等のサイト
などにアクセスすることができます。

Linuxチューナーのネットワーク接続設定メニュー以外にも、ネットワークに関連したプラグイン等の設定等においてチューナーやルータのIPアドレスを入力するなど、海外衛星を単に見る以外の目的で活用する上では仕組みを理解しておくことが重要になってくるように思います。

●各種数値の利用について

以前IPBox 9000HDをマルチブート化した際、コマンドプロンプトでの入力文字列に含まれる以下の情報を自分のルータやIPアドレスの環境に合わせて手入力する必要がありました。

【IPBox 9000HDのマルチブート設定に出てきた用語の例】
 ipaddr; チューナーに現在割り当てられているIPアドレス
 serverip; PCに現在割り当てられているIPアドレス
 gateway; ルータのIPアドレス
 netmask; ネットマスク

ネットで紹介されていた手順の見本では
 ipaddr; 192.168.5.107
 serverip; 192.168.5.105
 gateway; 192.168.5.254
 netmask; 255.255.255.0
と記載されていましたが、このままでは自分のルータやチューナーのIPアドレスと全く違うので変更しなければインターネットにも接続できません。

当方のルータはBuffalo社製で、ルータのIPアドレスは「192.168.11.1」です。チューナーとPCに割り当てられたその時点でのIPアドレスがそれぞれ「192.168.11.6」、「192.168.11.2」だったので以下のように書き換える必要がありました。
 ipaddr; 192.168.11.6
 serverip; 192.168.11.2
 gateway; 192.168.11.1
 netmask; 255.255.255.0


■DHCPによる割り当てIPアドレスの自動取得

自分でIPアドレスを調べたり設定する必要が無く、難しいことを考えずに済むのがDHCPです。海外衛星チューナーのネットワーク接続メニューでDHCPを選ぶと、接続されているルータの情報やチューナーが取得したIPアドレスの数値を勝手に表示してくれるので便利です。

「LANケーブルを挿すだけですぐに使えます」として売られているLinuxチューナーは最初からこの設定になっているのだと思われます。もしチューナーを買った後すぐにインターネットに接続できない場合は、初期状態で何も設定されていないので自分で変更する必要があります。

●ルータ側の設定



ルータでDHCPを有効にすると、その都度チューナーにIPアドレスが割り当てられ、海外衛星チューナーの側でもそれを取得して勝手にインターネット等に接続してくれます。

ルータでDHCP設定が有効にされていて接続されているパソコンでインターネットのサイトにアクセスできるようであれば、後はチューナー側の設定を正しく行うだけです。

●海外衛星チューナーの設定



上はAZBox HDでの例です。チューナーの設定画面でDHCPにチェックを入れ無事に接続が行われると、各種数値が表示されます。0が並んだ数値ばかりが表示される場合は接続できていないので、設定画面で再接続できるボタンを押すか、チューナーをリブートするかしてルータに接続させます。



こちらはIPBox 9000HD用のEnigma2(DreamBoxのDM8000HDやDM800HDに使われているインターフェース)の例です。Main Menu>Setup>System>Network Configuration>Adapter settingsと移動するとNetwork Setup画面が現れます。

Use InterfaeceをyesにするとLAN端子を使えるように設定されます。チューナーに固定IPアドレスを設定しなければUse DHCPをyesにします。


■DHCPを使わないIPアドレスの固定

DHCPを使わない場合、チューナーがDHCPの設定では上手くネットワークに接続できない場合は固定IPアドレス(static IP address)のオプションを使います。

ルータでDHCPを使用しないオプションにチェックを入れるべきか迷ったのですが、「DHCPを使用する」設定のまま、固定IPアドレスをDHCPで自動的に割り当てるIPアドレスと重複しない範囲の数から選べば、特に問題なく併用することができました。

●数値の確認



ルータの設定画面であらかじめ確認しておいた数値をメモしておきます。当方のルータはルータのIPアドレスが192.168.11.1、サブネットマスクが255.255.255.0です。

DHCPによる自動割り当ては192.168.11.2以降の8台分(192.168.11.2~192.168.11.9)としてあるので、チューナーのIPアドレスをそれらと重複しない192.168.11.20と設定してみることに決めました。



ルータの設定画面以外にも、パソコンで数値を確認する方法もあります。ルータのIPアドレスやサブネットマスクは、Windows XPだとコマンドプロンプトでipconfigと打ち込んでEnterを押すと表示できました。

●チューナー側の設定

上はEnigma2の例です。DM8000HDやDM800HDの説明書にはこの手順が比較的詳細に示されているのでかなり参考になると思います。今回は固定IPアドレスの設定が初めてだったので、PCやPS3といった機器のIPアドレス固定手順を説明した日本語サイトを色々と参考に作業を進めてみました。

【入力に必要な情報】
 ・IP Address; チューナーの固定IPアドレス
 ・Netmask; サブネットマスク
 ・Gayteway; ルータのIPアドレス

同じく新世代DreamBoxに使われているEnigma2インターフェースの設定画面です。DHCPの時とは違い、"Use DCHP"を「no」とします。すると数値を入力する欄が現れます。パソコンやネットラジオ端末等に自動的に割り振られる可能性のある数値と重複しないよう、最後の数字列を20という大きめの物で考えてみました。



自分で決めたIPアドレス(今回は例として「192.168.11.20」)を入力し、「Edit DNS」でDNS設定を確認します。説明書によると通常LAN接続設定で上記3数値を入力すればルータのIPアドレスと同じ数値が入力されるようなので、DNS設定画面で改めて手動入力をする必要は無いようです。画面を開いてNameserverの数値がルータのIPアドレスと同じであればそのまま手を加えずにおけば良いかと思います。

今回は当方手持ちのルータが「192.168.11.1」なので、Enigma2の設定画面にもそのように表示されています。ルータが「192.168.0.1」の場合は、上の実例を応用してルータのIPアドレスを「192.168.0.1」、チューナーのIPアドレスを「192.168.0.20」といった具合に入力します。



ネットワークをテストするメニューで、設定後無事にインターネットに接続できているかどうか確認します。Enigma2の「Network test」を試したところ無事に設定できたことが表示され、プラグインダウンロード等のサーバにアクセスできるようになりました。

もし接続されていなければチューナーをリブートして同じ確認作業を再度行います。普通はリブートすれば大丈夫のようです。

●チャンネルエディタ等を使いたい場合はPCからもアクセスしてみる



これでルータを介してPCからチューナーにアクセスすることも可能になります。画像はFTPソフトですが、新しく設定した固定IPアドレスでPCからチューナーのフォルダに無事アクセスできました。

ここまで確認できれば作業は完了です。通常はポートの開放を行わなくても上記の作業のみで大丈夫のようです。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box