スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外衛星の交代・名称変更・運用終了~備忘録

用語・各種数値・データ/図表
05 /14 2011
(過去の記事を修正・加筆したものです)

海外衛星は世代交代による名称変更に加え、運営会社の交替による改称がたびたび行われています。古いチューナーを買うと古いプリセット情報にそうした変更前の衛星が複数含まれているので、受信作業をする際にインターネットで検索される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■衛星の世代交代による名称変更

これまで使っていた衛星が古くなってしまい新しい衛星と交替する場合、後から打ち上げられた衛星は現在稼働している先代衛星に少しずつ接近していき、最終的に静止位置へと収まり、逆に先代衛星の方は別の経度へと数度ずつずれていき別の場所へと移動していきます。

Lyngsatをチェックしていると先代衛星が役目を終了した後、次第に経度を変えていく様子がわかります。

なお先代衛星は廃用とならなければ移動した先で名称を変更し、別の衛星として第二の人生を送ることも多いようです。

【衛星の世代交代による放送局の引き継ぎ】

AsiaSat-2から後継のAsiaSat-5へのバトンタッチ時のように、従来送信されていた各周波数での放送は多くの場合引き継がれるため、アンテナの向きを変えるなど家での受信設備を大幅に変更する必要はありません。

一方Intelsat-2からIntelsat-5への交替のように、新旧の衛星が並行して運用される場合は新しい周波数が加わるなどして上記の例よりも変更が多くなるように思います。

AsiaSat-2からAsiaSat-5への交替ではシグナル強度が増し以前よりも小さなアンテナで受信できるようになりましたが、逆に衛星が交替したことで今まで容易に受信できていた周波数の信号が弱くなり受信不可となってしまう可能性もあるので要注意です。


■運営会社の変更による名称変更

衛星が別の会社へと売り渡され、経度も設備もそのままで名称のみ変更となるケースがしばしばあります。最近はTelsatr-10がApstar-2Rに名称を戻すという例がありましたが、送信される放送や周波数については特に変更はありませんでした。


■故障による廃用

衛星に発生した予期しない不具合・故障によりそのまま廃用となるケースも過去数年に何度か発生しました。こうなるとそれまでその衛星経由で送信されていた各局は別の衛星に移動せざるを得ず、複数の衛星へと散り散りバラバラに分散していくなどしてしまいます。

これまで1枚のアンテナで1つの衛星を受信すれば良かった環境が急に失われ、シグナルが弱く受信が難しい衛星に移動してしまったり、複数のアンテナや駆動モーターの設置が必要になるといった状況に陥る可能性も少なくありません。


■アジア地域における衛星の動きについて

過去数年に関し、思い出せた/ネットで調べられた分についてまとめておきたいと思います。

●東経183°/西経177°
 NSS-9 ←(世代交代)← NSS-5
●東経172°
 GE-23 ←(改称)← AMC-23
●東経169°
 Intelsat-5(IS-5) ←(世代交代中)← Intelsat-2(IS-2) ←(改称)← Panamsat-2(PAS-2)
●東経166°
 Intelsat-8(IS-8) ←(改称)← Panamsat-8(PAS-8)
●東経146°
 ABS-5 ←(改称)← Agila-2
●東経145°
 (故障廃用)← Gorizont-33
●東経140°
 (運用終了)← Thaicom-1A
●東経125°
 ChinaSat-6A ←(後継)← ChinaSat-5C ←(改称)← Sinosat-3
●東経116°
  Koresat-6(世代交代中)← ABS-7 ←(改称)← Koreasat-3
●東経113°
 Koreasat-5 ←(世代交代)← Koreasat-2
 Palapa-D ←(世代交代)← Palapa-C2
●東経110.5°
 ChinaSat-5B ←(改称)← Sinosat-1
●東経100.5°
 AsiaSat-5 ←(世代交代)← AsiaSat-2
●東経71.5°
 Measat-3a ←(世代交代中)← Measat-1
●東経87.5°
 ChinaSat-5A ←(改称)← ChinaStar-1
●東経80°
 Express-MD1 ←(世代交代中)← Express-AM2
●東経78.5°
 Thaicom-5 ←(世代交代)← Thaicom-3
●東経76.5°
 Apstar-2R ←(改称)← Telstar-10 ←(改称)← Apstar-2R
●東経75°
 ABS-1 ←(改称)← LMI-1
●東経74°
 (故障廃用)← Intelsat-4(IS-4) ←(改称)← Panamsat-4(PAS-4)
●東経68.5°
 Intelsat-7(IS-7) ←(改称)← Panamsat-7(PAS-7)
 Intelsat-10(IS-10) ←(改称)← Panamsat-10(PAS-10)

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。