スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DiSEqC1.2によるアンテナ回転モーター駆動とチューナーでの設定

機材・設置のあれこれ
08 /01 2010
久々に過去の記事を読み返したところ、作業報告が中心で実際の設定作業に関する紹介が少なかったので、今回USALSに関するページを作ったついでにDiSEqC1.2についてもまとめ直すことにしました。

■DiSEqC1.2によるアンテナモーター制御について

DiSEqC(Digital Satellite Equipment Control)はEutelsatの開発した技術で、プロトコルのバージョンによっては固定アンテナ切り替えスイッチだけではなく、パラボラアンテナを動かしてくれるモーターを駆動するポジショナー装置の制御が可能です。

衛星の経度、受信地点の緯度・経度を設定すればチューナーが勝手にモーターを動かしてくれるUSALS(DiSEqC1.3)[ 詳細をまとめたページはこちら ]とは異なり、自分でリモコンを使って東-西に動かすのがこの1.2プロトコルによる制御になります。

DiSEqC1.2に対応した海外衛星チューナーを利用すると、この1.2プロトコルに対応したパラボラアンテナ駆動モーター、ポジショナーの制御を行うことができます。安い入門機だとDiSEqC1.2にさえ対応していない製品もありますが、普通はまず付いている機能です。

これで駆動できる装置は
 ・小型アンテナ用H-Hマウント
 ・36V 大型アンテナ用H-Hマウント
 ・36V ポーラーマウントアンテナ用アクチュエーター
と、幅広く市場に出回っているあらゆるパラボラ駆動モーターから目的にかなった物を選ぶことができます。

【USALSはあってもDiSEqC1.2が無いチューナーに注意】

以前ドイツからTOPFIELDチューナーのドイツモデルを買った際、DiSEqC1.2機能が削られた製品だったことがありました。Cバンドアンテナをアクチュエーターなどの36Vモーターで連動制御・駆動する際に欠かせない機能が削除されていると、どうにも対処のしようが無くなってしまいます。購入の際にはDiSEqC制御に関する項目の但し書きや取り扱い説明書PDFファイルでの確認をお勧めします。

■チューナーで設定画面を呼び出す

モーターとアンテナの設置を行ったら、DiSEqC1.2機能を使ってアンテナを回転させ微調整を行い、最終的には「この位置を衛星Aの方角として設定・記憶します」というSaveコマンドを送ります。

海外衛星によってDiSEqC1.2設定メニューの場所は異なっており、衛星・周波数設定と同じ画面に出てくる物と、別の設定ページに用意されている物とに分かれます。DiSEqC1.2操作画面のデザインもチューナーによって全く違いますが、操作方法、項目の名称、送信するコマンドの種類は基本的にはほぼ同じです。

DiSEqC1.2を選ぶ

まずはアンテナを固定扱いからモーターによる駆動指定に変更。さらにモーター制御をDiSEqC1.2で行う設定とします。


■連続移動モードとステップ移動モード

駆動設定

モーターを動かす際、
 ・ Continuous もしくは Continue など (連続)
 ・ Step (ステップ、微動)
のいずれかからモーターの動きを選べるようになっています。

連続移動だといったんボタンを押したらStopさせるまでモーターが動き続けます。一方Stepではボタンを押した回数のみステップ分わずかに動きます。

ステップモード

チューナーによってはステップ(微動)モードの時、微動距離を指定できる物もあります。


■リモコンを使って東西に動かす

リモコンを使って東西に駆動

東西への移動は通常リモコンの「<」ボタンと「>」ボタンで行います。

チューナーによっては連続移動ボタンを押すとアンテナを駆動し続け、お目当ての周波数でシグナル反応が出た時点で勝手にストップしてくれるものもあります。この場合シグナルレベルがほぼ最大の地点で停止しますが、少しずれている場合は自分で微動ステップモードを使って微調整します。

なお、ひょっとするとチューナーによってはモーター設定画面で動きモードを「連続」と「微動」から選べず、ボタンを長押しすると連続移動し、一瞬押しでステップ移動するタイプの製品があるかもしれません。

アンテナモーターを動かす

設定画面にある操作モード指定項目でモーターの動きを指定するタイプのチューナーでは、モーターを駆動したい時には「Move」(動かす)や「Go To Position」(ポジションに移動させる)といった名称の項目を選ぶと駆動を開始できるようになります。「Save」等他の項目が選択されている時はモーターが動かないので要注意です。

【同軸ケーブルで直結するDiSEqCモーターでの注意点】

なお同軸ケーブルだけで駆動装置とつなげるタイプの小型アンテナ用H-Hマウントでは、供給電圧の違いによってモーターが動くスピードが異なります。(音の大きさや高さが異なるのですぐに分かります。)

電圧の高い水平偏波(H)ではモーターがハイスピードで動くので、衛星を探そうとモーターを連続移動モードで動かした場合、衛星へロックする前にどんどんモーターが動いてしまい衛星を見落とす可能性が高くなります。 そのため、アンテナを連続移動で動かす際は、少し進めてストップさせることを繰り返すか、同じ衛星でも動きの遅い垂直偏波(V)のトランスポンダーを調整時に選択することをお勧めします。


■基準地点への移動

基準地点への駆動

駆動モードには特定の基準ポイントまで一気にアンテナを駆動するメニューがあります。このモードを使うと所定の位置までH-Hマウントが動きます。

ちなみにこれまでチューナー側のポジショナー機能の誤作動なのか、「基準地点に戻れ」コマンドを送信していないにもかかわらず、DiSEqCモーター使用中に勝手に小型H-Hマウントが動いてしまい基準地点まで戻ってしまったことが何度もありました。仮にアンテナ駆動モーターが予期しない動きをして勝手に基準地点である東端等に寄ってしまった場合は、再度アンテナ回転制御の設定メニューで調整をし直せば良いようです。


■衛星位置の記憶・保存

保存

アンテナを東西に動かし目当ての衛星でシグナルバー反応を出し、微動モードでベストポイントに追い込んだら調整作業は完了です。「Save」や「Store」といった名称の「保存」コマンドを送って衛星位置を記憶させ、後からまたその場所に戻ってこられるようにします。

通常ポジショナー番号(衛星位置記憶プリセット番号)は「Auto」(自動)設定でチューナーが勝手に番号を割り振っていくのですが、マニア向け高機能チューナーだとポジショナー番号を自分で指定できるものもあります。今回例として用いたAZBox HDやDreamboxのEnigma2インターフェースもそのタイプで、「衛星Aに対して番号01を割り当てる」という入力欄が用意されています。


■リミットの設定

アンテナの周囲に障害物があり一定位置から先にアンテナを駆動するとパラボラの一部が衝突して破損する恐れがある時は、リミットの設定を行います。

リミットは駆動モーターの側で物理的に設定できますが、それとは別にチューナーのソフトウェア側でも設定することが可能です。

東のリミット

西のリミットを設定

アンテナモーターを駆動し「ここまで来たらその先は危険だ」という位置でストップさせたら、リミットを設定するコマンドを送ります。東にそれ以上進むと危険な場合は「East Limit」、西に進ませたくない場合は「West Limit」を設定します。

リミット解除

チューナーで設定したリミットは、後から解除リセットすることができます。モーター制御メニューで「リミットを解除する」という意味の項目を選び、リセットを行います。


■衛星位置記憶を解除する

衛星位置記憶のリセット

モーター駆動による衛星位置記憶の設定を解除し、衛星をただの固定衛星扱いに戻すことも可能です。

チューナーによっては操作は異なりますが、今回のAZBox HDでは「Resetting」ボタンを押してしまうと衛星に割り当てられたポジショナー番号が消去されるだけでなく、たしかポジショナーの設定自体を初期化してしまうのだと記憶しています。



虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。