スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LNBFの個体差?

機材・設置のあれこれ
08 /08 2010
数年前から使っている中国製LNBFをそろそろ交換しようと思い、最近になって全く同じ型番の新品を購入しました。(スケラーリングの厚みや直径が以前とは違うようでしたが、全く同じモデル名で製造時期が異なるだけのようです。)

今日はようやく曇り空となり作業もしやすくなったということで外に出て作業をしたところ、全く同じモデル名のLNBFにもかかわらず受信感度にかなりの差が出ました。

シグナルが弱めのExpress-MD1 3875Rを調整に使ったのですが、誘電体あり/無し双方の状態において、新たに買った方はシグナルバー反応が不十分でした。一方これまで数年使い続けてきた方はクオリティレベルの数値が下手をすると10近く違う感じで、いつもの設置位置に取り付けるとすぐに復調可能なレベルまで到達しました。

LNBFにも個体差や当たり外れはあるのかもしれません。今まで使っていた古い方はかなり感度が良く気に入っていたのですが、案外そちらの方がむしろ例外的な当たりクジだった可能性もあります。結局色々な会社のLNBFを何個か買い求めて比較したのですが、重宝している古株のLNBFに回帰しました。

あと何年か壊れずに活躍してくれれば、と思います。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。