スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AZBox HD EliteのTP・チャンネルリストを大幅更新

Linuxチューナー
10 /13 2010
この前の連休にAZBox HD EliteのTPリストを更新しました。チャンネルリストは消滅したチャンネルがだいぶ残ったままになっていたので、一度全部削除した上で新たに登録を行いました。

過去数ヶ月、AZBox HDとIPBox 9000HD Plusに加えるマニア機を購入するかどうか迷ってあれこれリサーチしていたのですが、自分としては4:2:2対応と1080p出力のLinuxチューナーという条件で探していることもあり、結局AZBox HD Eliteを使い続けようという方向で固まりました。

1080p対応のVantage社製VT-1はバグが多く未だに不安定で、Octagonの1080p対応新型とされる1028モデルもいつ発売になるか不明とのことで、検討はしたものの購入に至っていない製品がいくつかあります。

近々DreamboxのDM800HDは改良版が出されるようですし、Vu+などEnigma2を搭載した安価な疑似Dreamboxがあれこれ発売されて欧州ではシェアを拡大しています。しかしEnigma2インターフェースを実際に使ってみて癖が強く気軽に使うという用途にはあまり便利ではないこと、また1080p50・1080p60出力に難があることが分かったので、メイン機としては手を出すのは控えるつもりです。

Enigma2はIPBox 9000HDでほぼ問題なく動作しているので、今後も遊びとしてそちらを利用することを考えています。(IPBox 9000HDは多くのユーザーがフォーラムに寄せていた通り、新しいインターフェースが不便になってUSALSの設定も煩雑になってしまったので、昔のバージョンに近々戻す計画です。Enigma2専用機にしても良いのですが、メーカー製ファームウェアの方が画質が良好らしいので、デュアルブートを続けたいという事情もあります。)

ちなみにAZBox HDシリーズの公式ファームウェアはリリースが行われないまま2ヶ月が過ぎました。ユーザー達が疑問と不安の声を上げ始めている一方、AZBox HDにインストールするEnigma2の開発が着々と進んでいます。つい先日、EliteとPremium向けにテスト版的な位置付けのファームウェアがリリースされたようです。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。