スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slingboxハウジングで英国のテレビを見る

Slingbox
10 /17 2010
海外衛星は無料(FTA=free to air)放送が多く初期投資があればその後は契約料金無しで楽しめるという利点があります。アジア各国の放送をはしごして旅行気分を味わうこともできるのですが、その一方で米国や英国の商業チャンネルはまず見られないため本国の放送をそのまま受信したい人にとってはあまり向いていないとも言えます。英国のSky+等は軒並みKuバンド放送で、どんなに巨大なパラボラを用意しても絶対に日本では受信できないという物理的な問題もあります。

私自身英国の放送を見たいと思い、以前からIPTVサービスの併用を検討してきました。日本では海外在住邦人のためのロケフリサービスというのもがありますが、その逆バージョンがイギリスにもないかと考えた訳です。

今回適切なキーワードで検索したお蔭か、無事にそのようなロケフリサービスを発見することができました。会社はいくつかあったのですが、チャンネルラインナップが充実しておりネット上に実在ユーザーによる報告が出ていたUKTV2C(http://www.uktv2c.com/)をまずは試してみることにしました。


■サービスの仕組み

この手のサービスは海外に住む英国人や英国のテレビを見たい外国人のためにSONYのロケーションフリー(ロケフリ)と同等機能を持つSlingbox(http://www.slingmedia.com/)とテレビチューナーの一式を用意し、イギリス本国にいない契約者のために会社施設内の場所を貸してくれるというハウジングサービスです。SlingBoxの設定は全部向こうがやってくれるので、こちらは渡されたアカウント情報を使って、PCなりiPhoneアプリなりを通じて視聴を楽しむだけとなっています。

UKTV2Cでは地上波や無料衛星放送チャンネル以外にも、Sky+やSky+ HDのチューナーを用意しスマートカード契約も代行してくれるため、英国の主要な有料チャンネルを日本にいながらにして楽しむことが可能です。

Slingboxの映像はSlingCatcherという受信機を使えばPCレスで楽しめるそうですが、SlingCatcherは米国で販売停止し価格が暴騰。英国では引き続き普通に販売されているとはいえ、ファームウェア更新も望めないとのことなので、英国から個人輸入するのも止めにしてひとまずPCにインストールしたSlingPlayerにて視聴することとしました。元々IPTV用に買ってあったEeeBox PC EB1501が休眠していたので、現時点ではこれをUKTV2Cチューナーの代用としています。(SlingCatcherについては後日テストを行い、画質を見比べた上でPCとどちらをメインに使うか検討する予定です。)


■契約の動機

日本ではまねきTVをめぐるゴタゴタがあり英国でもどうなのだろうかと思いましたが、UKTV2C自体は「安心してご利用いただけるサービスです」というコメントを出しています。

VLCでも一時期UKのチャンネルがIPTVとして見られたのですが、ハウジングサービスとは異なり現地にいる誰かが他人にタダ見させるため勝手に流しているストリーミングのため、何度もURLが変わり、今では縛りがきつくなったのか見られるチャンネル数自体が激減してしまいました。

今回ハウジングサービスを選んだのも、無料とはいえ問題の多いIPTVストリーミングに頼るのではなく、自分でお金を払ってより安全なルートで英国の放送を楽しみたいと考えたからでした。


■まずはデモ体験

IPTVサービスについては営業を停止したままどこかへ消えてしまったWorld On Demandの一件以来かなり慎重になっていましたが、UKTV2Cは24時間デモで無料体験できるとのことだったので、気軽に申し込んでみました。

サイトではサービスや料金体系の情報が網羅されているとはいえずいささか不安はあったものの、実際に申し込みをしてみるとメールや添付ファイルで一通りの料金リストや契約の手順のようなものが送られてきて安心しました。

デモ体験申し込み後のレスポンスは早く、機材とデモアカウントの発行準備ができ次第、希望するプランで使用するチューナーが接続されたSlingboxへのアクセスが行えるようになりました。案内に従い最新のSlingPlayerをダウンロード。会社からのメールに記載されたアカウント用メールアドレスとパスワードを入力しSlingboxに接続すると、現地放送のストリーミングが始まりました。

我が家はフレッツ47MタイプですがNTT局からの距離が1010m近くあるため各種スピードテストサイトでの実測値は11M程度です。このような環境下で、やや5年ほど前に買い揃えたブロードバンドルータとスイッチングハブを通した接続で800kbpsのビットレートとなりました。画像サイズを上げるとバッファリングが追いつかないため、小さめの解像度で抑え気味にする必要があります。これだとかなり画像が粗くなるので、AZBox HDで楽しんでいたIPTVのHD放送に比べるとかなりひどい状態です。EB1501よりもスペックが高いEpsonのMT7900でも似たような感じです。しかし自動で最適化された結果だけあって、途切れが全く起きません。World On Demand末期の画質を考えれば、まずまずのレベルはクリアしているものと思われます。

Slingboxのユーザーサイトを見る限り、日本と英国間の接続ではごく普通のビットレートのようでした。会社にもっと画質をUPさせたいと連絡したところ、送信側では制限をかけていないので、改善するとしたら受信側のネット接続速度を上げるといった対策が必要になるだろうとの返信がありました。スタッフによる英語での遠隔サポートをいつでも行えるのでどうするか?との打診もありましたが、ひとまず断って自分で調べてみると回答しておきました。

ネットで調べてみると、うちのプロバイダは帯域制限や送信量の規制を積極的に行っている会社だとのこと。大容量のデータ送受信やストリーミング放送を楽しむにはお勧めできないようです。しかし仕事用に契約していた別プロバイダのアカウントを使って接続を切り替えてみましたが、ビットレートは800kbps前後と特に変化はありませんでした。我が家のADSL接続ではこれが限界ということでしょうか。

今日になって環境改善のひとつとしてブロードバンドルータを交換しギガ対応スイッチングハブを取り付けたのですが、やはり最大800kbpsという状況に変化はありませんでした。元々ファイルのダウンロードもそう早くなく、スイッチングハブを経由して私や家族のPCが接続されている環境なので、やはり光に変更することが第一の課題になるのかもしれません。


■英国のテレビをあれこれ見たくなり契約に踏み切る

昔からSky+チャンネル群を日本で視聴できればと夢見てきた(^_^;)こともあり、丸1日のデモ体験に続いてすぐに正式契約を決めました。

Sky+コースは初期費用が高くスマートカードの契約代金もかかりますが、金額的には新品Linuxチューナーを買って正規視聴カードを買うのと同じぐらいの感じです。チャンネル数が多いSky+放送を見られるのなら許容範囲と考え、PayPalで送金を行いました。

送金確認後、Sky+のパッケージをどれにするのかを選び、毎月の支払いに利用するクレジットカード情報をUKTV2Cに伝えます。Sky+契約代行完了までには多少時間がかかるので、最初に無料放送のみを見る形でスタートし、遅れて有料パックのチャンネルがスクランブル解除されるという流れになります。現在はこのスマートカードが用意されるのを待ちながら、無料チャンネルを楽しんでいるという状況です。


■実際に使ってみて

SlingPlayer

Sky+ HDのチューナーを遠隔操作している様子です。本物そっくりのリモコンがイラストで表示され、ボタンを押すことで番組表チェック等も行えるので大変分かりやすいです。今回契約したのは録画用HDDのついたPVRチューナーだったので、英国にハウジングで置いてもらっている設備の側で留守録することもできます。Sky+のチューナーで受信できるラジオ局の視聴も可能ですが、これに関してはRecivaネットラジオ端末があるため利用する機会はまず無さそうです。

上の画面キャプチャではビットレートが低く出ていますが、SlingPlayer以外のソフトを使わずマウスも触らない状態になると、すぐに自動調整が行われてビットレートがどんどん高くなっていきます。SlingboxとSlingPlayerに解像度やビットレートの設定を自動で任せておく限り、映像・音声の途切れは起きていません。その点に関しては安心しました。

ちなみに使っているSlingboxはHDモデルではないようで、製品の最大解像度が低めです。Sky+のHDサービスを契約してもHD画質で楽しめるという訳ではない点には要注意かもしれません。

なお画質向上については今度の課題としたいと思います。ひとまず英国の放送を見たい放題になったので、会社のサービスが続く限り契約を続けられれば・・・と思います。幸いイギリス側の設備が不具合を起こした場合には迅速に対応する、こちらからのテクニカルサポートリクエストに丁寧に応える、ということを明記している会社なので気軽に問い合わせもできそうです。


■契約の更新について

毎月の支払いに使うクレジットカードを登録しておき、特別な支払いがある場合には事前に通知が来るそうです。サービスを止めたい場合はその旨を連絡。逆にしばらく経ってから再開したい場合は、セットアップ費用がかからない代わりに少し多めの料金を初月に支払ってリスタートするというシステムのようです。

How to get UK TV channels in Japan - UKTV2C gives the best solution for those who want to watch UK TV programs in Japan. Please visit the following URL for the details; http://www.uktv2c.com/

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。