スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッツ光ネクストでSlingPlayer、SlingCatcher

Slingbox
11 /02 2010
Slingboxハウジングサービスを始めてから、改めてフレッツADSLのスピードが気になるようになりました。

これまでにも、ファイルのダウンロードに時間がかかる、YouTubeのHD動画をPC側に取り込むのが再生に追いつかず何度もストップする、といった状況でした。SlingPlayer、そして後から購入したSlingCatcherについては、英国側に置かれているSlingbox Soloの対応最大解像度である640×480に設定すると帯域不足となり、"Optimizing"のままで"Streaming"メッセージが出てくれませんでした。

英国側のネット事情が日本ほど充実していないとはいえ、向こうの担当者に聞く限りではこちらの回線・設備グレードアップ次第でもう少しビットレートも上げられるとのことで、まだ多少の余地が残っているようです。

■最初の状態

フレッツADSLモアⅢ(47M)に契約。貸与されたモデム、BuffaloのブロードバンドルータWBR2-B11(約5年前に購入)、ノイズカットフィルターを使用した環境でした。スピード計測では11Mbps前後といった結果が多かったように思います。

SlingPlayerでは700Kbps後半-800Kbpsでストリーミングが行われていました。MTUやRWINの変更について全く知らず手つかずの状態だったWindows XP SP3とWindows7機にそれぞれインストールしたSlingPlayerでは解像度640×240(HVGA)の映像を受信するのが限界でした。

■接続先のプロバイダを変えてみる

スピードアップを狙ってあれこれ情報を集めたところ、自宅回線用プロバイダが色々な制限を課しているISPで有名らしいことを知りました。

そこで試しに状態改善を狙って仕事場用に契約してあった別プロバイダのアカウントでADSLに接続してしばらくテストしてみたのですが、残念ながらスピード計測の結果もSlingPlayerに表示されるビットレート数値も特に変わらず、640×480(VGA)映像の安定受信もかないませんでした。

■ADSLのままルータを交換

ブロードバンドルータWBR2-B11はひと昔前の製品で有線スループット値も低いということで、まずはルータとスイッチングハブを交換してみることにしました。スペック表の比較検討の過程でNECのWR8700Nにするか迷ったのですが、口コミサイトに有線LAN接続が時折切断されるとのトラブル報告が数件あったこともあり、結局使い慣れているBuffalo社製品の方を選択。WZR-HP-AG300Hに決めました。

WZR-HP-AG300Hとギガ対応スイッチングハブに変えてからスピード計測で12Mbps台が出るなど改善らしいものを感じたのですが、どうもWBR2-B11の時に比べるとSlingPlayerに表示されるビットレート数がわずかに低くなったような気がしました。またビットレートの数値に出る揺らぎが大きくなったようでもありました。これについては設定の確認やムービーエンジンスイッチのON/OFFを行ってみたのですが、特に変わりはありませんでした。

ルータの個性とか機能の違いによるものなのかわかりませんでしたが、ひとまず今のADSLでは不足だということは明らかになったので、以前から迷っていたフレッツ光の導入に踏み切ることにしました。

■フレッツ光ネクスト(ハイスピード)に切り替え

数年間契約を続けたフレッツADSLモアⅢ(47Mタイプ)を解約。フレッツ光ネクストのハイスピードを申し込み、無事に工事が完了しました。電話線の配管を利用したお蔭で、壁に穴をあけずに済みました。

今回はプロバイダも変更し、従来のプロバイダのメールアドレスを維持することを前提に、接続サービスとストリーミング等大容量データの転送向きかどうかを優先したISP選びを行いました。WZR-HP-AG300Hで接続先を変更後、スムーズにフレッツ光ネクストにアクセスできました。

Windows XP機で各種スピードテストサイトを回ってみたのですが、どうも結果が良くありません。MTUやRWINのカスタマイズを全く行わない状態では100Mbps超えは到底無理なレベルでした。

ネット上の速度アップ指南ページを回ってお勧めとされるNetTuneでMTU、RWIN値等を変更したところ劇的にスピードアップを実現できたのですが、今度はSlingPlayerのビットレートが上がらなくなりストリーミングが不安定になるという弊害が出てしまいました。やむを得ずNetTuneの推奨設定ボタンを押して数値を落ち着け、その段階から一つずつカスタマイズを進めていきました。詳しいことは自分自身良く理解していないので、落ち着いたのを見計らってそれ以上は手を加えずにおくこととしました。

■光ネクストなのにストリーミングが安定しない?

スピード計測の結果も劇的に良くなり、次にSlingPlayerとSlingCatcherで確認を行いました。ビットレートが900Kbpsに到達し、640×480(VGA)でもストリーミングが安定したことを示す"Streaming"表示が見られるようになりました。しかし頻繁に"Optimizing"状態に戻ってしまい、映像・音声が途切れてしまうことも珍しくありませんでした。同じルータに接続したPCで何らかの操作やダウンロードをするとSlingCatcher側のストリーミングにも影響が出ているような気配さえありました。

ルータの内蔵スイッチングハブにPC、SlingCatcher、ギガ対応スイッチングハブを経由しての各種端末を繋げるという複数接続ぶりゆえに無理が出ているのではないかと考えPC以外のLANケーブルを抜いてみたのですが、大きな変化はありませんでした。

またルータ抜きで終端装置と直結しダイヤルアップでフレッツに繋ぐこともしてみましたが、チューンナップ後とはいえWindows XP機ではスピードテスト結果もむしろ悪くなってしまい希望するような改善には結び付きませんでした。

■NECのルータに乗り換え

ブロードバンドルータをWZR-HP-AG300Hに買い換えた時はフレッツ光ネクストのハイスピードコースに変更することはあまり考えていなかったのですが、ここに来て有線スループットという問題が気になり始めました。我が家ではルータに10台近いLAN端子装備機器を接続しており、常時3台近い端末が稼働している環境なので、問題は切実です。

WZR-HP-AG300Hのスペック表示は有線での実効スループットは記載されていませんが、ネット上の情報によると最大200Mbpsの光ネクスト・ハイスピードには不十分と言える数値らしいことが判明しました。「買い換え時に迷わずNECにしていれば良かったのではないか・・・。」という考えが頭をよぎり、結局価格が安くリリース時期が古いためWR8700Nよりは比較的落ち着いているであろうWR8300Nを試してみることにしました。

驚いたことに、ルータをWR8300Nに交換しただけでストリーミングが安定し、SlingCatcherでも640×480(VGA)映像がほぼ途切れずに視聴できるようになりました。時折"Optimizing"に戻ってしまうこともありますが、安定度が明らかに違います。ルータに接続したメインPCでファイルダウンロードを行っても大きな影響は出ずにいます。

今回はルータをNEC製のAtermシリーズにして大正解だったと思います。

BuffaloのWZR-HP-AG300Hの方が離れた部屋での無線接続等には向いているかもしれませんが、我が家では現在無線接続を全く使用していないので、そのままWR8300Nをメインに昇格させました。2日間テストした現時点では大変快調です。Buffaloの方は今後設定をあれこれ変えながらぼちぼち動作の確認を行っていければと思います。

【補記】
ちなみにフレッツ光ネクスト・ハイスピードですが、Radishのマルチセッション版スピードテスト計測だと調子の良い時間帯は下りが130~150Mbps台、上りが80~90Mbps台と出ます。なかなか良い感じのようです。

■SlingCatcher側の問題?

ネット環境についてはこれで解決したのですが、長時間視聴しているとSlingCatcher側でストリーミングが途切れてしまう問題があるらしいことに気付きました。英国側のSlingbox SOLOはそのまま映像を送り続けているにも関わらず、SlingCatcherに"Connected"表示が出たまま映像・音声を受け取らなくなってしまうトラブルがこれまでに何度も起きました。このような現象はSlingPlayerでは体験していなかったものでした。

何時間もSlingCatcherをつけっぱなしにしていると、いつの間にかストリーミングが途切れてしまい復帰しなかったりするのです。

ただ幸いなことにSlingCatcherの電源を一度落としてONにし直すとまた復活するようなので、向こう側のチューナーで行っている録画作業を妨げるといった不具合が起きない限りは、この方法で何とかしのぎたいと思います。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。