スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同名ながら異なる2つのOpenbox S9 HD PVR

Linuxチューナー
12 /20 2010
中国製の「Openbox S9 HD PVR」は以前から各国オンラインショップ等で見かける製品かと思います。しかし元々Openboxはウクライナの会社でつい最近までの最新モデルは「S8」だったため、なぜS9というモデルが中国で先に作られ売られているのか、ちょっと不思議に思い情報を調べたことがありました。

その時点では、本家が発売するであろう「S9」モデルはOEM製品供給関連の情報からDVB-S2、1080pフルHD対応のツインチューナーになることがほぼ決定的で、先んじて中国から供給されていた「Openbox S9 HD PVR」とは、同名ながら全く異なるスペックになることが予想されました。

この12月になって製造元である韓国Fortis社製「HX-8200 HD PVR」のOEM製品が続々と市場に出てきています。Octagonの「SF 1028P Noblence」、Icecryptの「STC6000HDPVR」等、元々ヨーロッパではメジャーなモデルの後継機だけに、今後ユーザーの数を順調に増やしていくものと思われます。

そんな中、ウクライナのOpenboxからも新製品が発表され、これまでのS7、S8に続く番号ということで「S9」と名付けられたようです。写真やスペック表を見ると中国バージョンの“Openbox S9 HD PVR”とは全く違う作りで、外箱のデザインも異なります。

http://www.sat-universe.com/showthread.php?p=720345
(↑上記URLに比較写真があります)

内蔵チップセットもウクライナの本家Opensat社製品がSTi 7105、中国から供給されている方の“Openbox”はAli 3602と違う種類の物が入っているとのこと。

通常のケースとは違い、クローンでさえなく、Openboxの名称を使った独自の新モデルが売られてしまっていたケースだったのでしょうか。いずれにせよ今後は本家製品をまねたクローンの「S9」も登場して、従来のS9と混在して売られるという状態に変わっていくことも考えられます。

販売名が全く同じせいで混乱するユーザーも出てきているようですが、ひとまず海外フォーラムを見る限り、本家製品については「Openbox S9 HD TWIN PVR (Original)」、「オフィシャル・ファームウェア」と記すことで差別化をはかっているようです。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。