スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recivaネットラジオ端末と高ビットレート放送の再生

インターネットラジオ
12 /24 2010
インターネットラジオ端末を使う際に気になる問題の一つが「どのぐらい高いビットレートまで耐えられるか?」という点かもしれません。 今回はTangent QUATTRO MK2の例を簡単に紹介したいと思います。

256Kbps MP3

オランダAVROのクラシック音楽チャンネルです。MP3の256Kbps~320Kbpsあたりは余裕で安定再生できます。ちなみにAVROの高品質放送が採用している320Kbps MP3だとiPod touchのアプリでもまず途切れません。

500Kbps

http://www.campus-clermont.net/
(放送URL;ttp://campus.abeille.com:8000/campus.ogg)

Recivaのラジオ検索から探したフランスの高ビットレート局「Radio Campus Clermont-Ferrand」です。OGGで500Kbpsとのこと。実際に再生すると499Kbpsとの表示でした。

こちらもQUATTRO MK2で安定再生できました。数分間様子を見た限りでは繰り返してのバッファリングや不自然な音の途切れは見受けられませんでした。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。