スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slingboxストリーミングのビットレート低下とルータの再起動

Slingbox
01 /31 2011
ここのところ、Slingboxからのストリーミングでビットレートの著しい低下が起こっていました。これまでにもルータ(WR8300N)の電源を切って少し休ませると復活するということが度々起こっていたので、今回もその方法を試してみました。

終端装置とルータの両方をOFFにし15分程おいてから電源を入れ直した結果、200kbps台から700kbps台までアップしました。本来900Kbpsぐらいは出るのでまだまだ不調と言えるレベルですが、かなりましになったかと思います。

ストリーミングに関しては時間帯によって速度がかなり違ってくる日が増えたようで、英国もしくは日本のプロバイダが制限をかけ始めたのではないかという気がしないでもありません。2月上旬にSlingboxが日本国内向けに正式発売となるので、AZBox HDとつないでみて日本側のISPが制限をかけ始めた可能性があるかどうかを確認してみたいと考えています。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。