スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチ液晶テレビのファームウェア更新

機材・設置のあれこれ
11 /13 2011
先日マルチシステム液晶テレビBravia KDL-32EX500のファームウェアを更新しました。 液晶テレビは不具合改善のため時々新しいファームウェアを出しているとのことなので、ふと思いついて探してアップデートした次第です。

手順としては、メーカーのサポートサイトからダウンロードしたファームウェアファイルをUSBメモリに入れ、テレビ本体に挿してアップデートするという至って簡単なものです。

ただ同じKDL-32EX500といっても地域別にファームウェアが違うらしく、自分の液晶テレビのシステム情報画面で UCやGALといったファームウェア識別コードのうちどれが使われているのかを確認した上でインストールしなければならないそうです。

http://www.sony.co.th/support/download/473282?site=hp_en_TH_i
http://www.sony.co.nz/support/download/473258/product/kdl-32ex500

幸い私の液晶テレビで使えるアジア他各地域向けファームウェアはタイやニュージーランドのSONYサポートページで見つけることができました。ファイル名はsony_tvupdate_2010_0507_gal_.zip、バージョンはPKG4.107GALでした。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。