スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン用SlingPlayerの種類と利用

Slingbox
11 /15 2011
■Webブラウザ用のプラグイン(インターネット視聴)

インターネットのページを閲覧するのに使用するブラウザにプラグインを追加してSlingboxからの映像を見られるようにする方式です。メーカー公式サイトの「Watch」というページにSlingアカウントを使ってログインします。

【プラグインの機能と使い方】

http://support.slingbox.com/get/KB-2000074.html (インターネット視聴でできること~英語)
http://support.slingbox.com/get/KB-1000210.html (画面の構成~英語)
http://www.slingbox.jp/product/prohd/usage.html (画面の構成~日本語)

【プラグインを利用できるSlingbox機種】

http://support.slingbox.com/get/KB-1000209.html (対象機種~英語)

メーカー公式サイトの「Watch」コーナーで視聴できるサポート対象となるのは「PRO-HD」、「PRO」、「SOLO」、「120」の機種。

Slingbox Classic(昔アイ・オーが販売していたモデル)、Slingbox TUNER、Slingbox AVでは「Cannot connect to this earlier Slingbox model」(この以前のモデルのSlingboxには接続できません)というエラーメッセージがおそらく出るのでデスクトップ版プレーヤーを使うようにとのこと。

【対応ブラウザ】

http://support.slingbox.com/get/KB-2000075.html (早見表~英語)
http://www.slingbox.jp/product/prohd/spec.html (PRO-HD対応OSとブラウザ~日本語)

OSごとの対応ブラウザは以下の通りです。
 ・Windows~Internet Explorer、Firefox、Chrome
 ・Mac~Safari、Firefox 、Chrome

英語メーカーサイトではWindows XPがサポート対象外と書かれていますが、日本語販売代理店サイトの表記にもある通り、管理人のWindows XP(SP3)では普通にインターネット視聴ができています。

(補記~2011/11/17頃より、Google ChromeブラウザにWindows、Macともに対応しました)

【設定の方法】

http://www.slingbox.jp/support/faq.html#faq_25 (インストール方法~日本語)
http://support.slingbox.com/get/KB-1000067.html (インストールと削除の方法~英語)

【長所】
・デスクトップ版よりも更新がまめで、現在はメーカーもこちらの利用がメインになることを前提にサービスを提供している模様。
・新しいOSが使っている画像処理方式への対応が進んでいるのもこちら。

【短所】
・ポップアップリモコンなどに要改善ポイントが残っているようで、バグの解消とプラグインの完成度アップが待たれている。
・システムとの相性や何らかの不具合によりクラッシュして動作しなくなるトラブルが発生することがある。

------------------------------------------------------------------------

■デスクトップ版SlingPlayer

パソコンにブラウザとは独立したアプリケーションソフトとしてインストールするバージョンです。日本の販売代理店サイトからはダウンロードできない上、米国メーカーサイトでも階層の深いわかりづらい場所にリンクが置かれているという、目立たない存在でもあります(^^;) 

http://support.slingbox.com/go/win-2-info
によると、このデスクトップ版プレーヤーの提供・サポート対象となるのは北米(アメリカ、カナダ)地域の顧客のみだそうです。それ他地域の顧客には古い1.5を使うようにと書かれており、もし北米以外に設置したSlingboxでバージョン2.0を使った場合には、正常に動作しない機能があるといったような示唆がなされています。

【新旧バージョン】

1.5、2.0というバージョンが用意されているのはWindows版のみのようです。HD対応のデスクトップ版プレーヤーに関しては、Macサポートは予定されていない模様です。

バージョン1.5
古いSD画質までのモデルしか無く、ブラウザ用プラグインも開発されてなかった時代に提供されていたプレーヤーだそうです。Slingアカウントを使ったログインではなく、SlingboxのIDを打ち込んで追加登録をするという方式になっています。
PRO-HD以前のモデルを使っている人達は、後続のバージョン2.0では画質などがむしろ悪くなったと感じていることもあるらしく、今でもわざわざこちらのバージョンをインストールしているケースもあるとのこと。昔日本でアイ・オーが売っていたSlingbox Classicを持っている方は、こちらをパソコンに入れるのが良いかと思われます。

バージョン2.0
PRO-HDの利用も前提にした新しいバージョンです。デザインやログイン方法が1.5とは大きく異なっています。

【ダウンロード】

米国メーカーサイトではとてもわかりにくい場所にあるので、以下のユーザーサイトを利用するのがお勧めです。古いバージョンも置かれています。
http://placeshiftingenthusiasts.com/downloads-available-here/slingplayer-downloads/

Windows版プレーヤー
http://support.slingbox.com/go/slingplayer-windows (サポートページ~英語)
http://support.slingbox.com/go/windows-download-desktop-us (ダウンロードページ~英語)
メーカーサイトだとSupport>Downloads>Sling Media Desktop Software>Download the Desktop Player と移動すると、「SlingPlayer for Windows」というページが現れます。ここのページにある「DOWNLOAD」というボタンをクリックすると、.exeファイルのダウンロードが始まります。

Mac版プレーヤー
http://support.slingbox.com/go/slingplayer-mac (サポートページ~英語)
http://support.slingbox.com/go/dl-mac-desktop (ダウンロードページ~英語)
Mac版には残念ながらバージョン2.0が用意されていないそうです。メーカーのページにも、Mac版デスクトッププレーヤーは古いものしかありません、開発がストップしていますので今後はインターネット視聴を使って下さい、と書かれています。

【1.5と2.0、2つのバージョンを共存させる方法】

英語のユーザーサイトで、とても簡単な方法が紹介されています。古いSlingboxと現行のSlingboxの両方を駆使して遊びたい方にお勧めの記事です。

【長所】
・視聴に関する細かい設定ができる。
・画面の大きさをあれこれ変更できて便利。

【短所】
・インターネット視聴とは違って実質更新が止まっている。
・Web版とは違い、Windows 7等で採用されているレンダラEnhanced Video Renderer(EVR)が使われないようで、パソコンのハードウェア構成によっては画質が粗くなってしまう可能性がある。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。