スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VPN・Proxy接続を利用して海外のオンライン配信テレビ番組を見る

ネットで海外TV
05 /22 2012

管理人はこれまで230cm&90cmパラボラを使った海外衛星受信、Slingoxハウジング、IPTVチューナー、iPod touch/iPhone向けアプリで海外放送を楽しんでいました。

しかし近年アメリカ合衆国や英国で放送済み番組を後追いで楽しめるサービスが拡充しており、外国語放送視聴マニアとしては何とも気になる存在となっていました。ドラマ、ドキュメンタリー、子供向け教育・・・あらゆるジャンルの番組で「full episode」(フルエピソード)が提供されているというのは大変興味深いことでした。

そうしたサイトでは動画を再生しようとすると
 ・not available in your region
 ・only available to viewers within ○○○
といったメッセージが表示されてしまい、見ることはできません。
 
地域制限メッセージ
(BBC Oneのライブ放送を見ようとしても、日本からでは地域制限にひっかかって上のようなメッセージが出ます。)

これはregional restriction(地域制限)といって、「米国なら米国のみ、英国なら英国のみ」といった具合に、放送にまつわる権利や法律を守るためにかけられているブロックが原因です。もちろんこれは当然の措置であり、我々も基本的にそれを遵守すべきかと思います。

とはいえ海外放送マニアとしては気になってしまい、以前からネットでその存在を知っていた「VPN接続」というものをテストしてみることにしました・・・(^^;)


■VPN接続だと、どうして見られるようになるのか?

VPN接続を利用すると、日本にあるパソコンを米国や英国など海外にあるネットワークにいったんつなげることになります。海外にある地点を迂回させる形になるため、例えば米国にあるVPNサーバを経由すれば、自分のパソコンがあたかも現地に存在しているかのように振る舞わせることができます。

地域制限をかけているテレビ・動画サイトは、米国内のIPアドレスをまとったパソコンからのアクセスを「あ、このパソコンはアメリカ国内にあるんだな。」と判断し、「では動画を見せてあげよう。」いうリアクションを返してくれるようになります。

ただでさえ遠い海の向こうにある国にネットでアクセスしているところで更にVPNサーバを間に介在させるとなると、スピードが落ちるという欠点はあるようです。


■P2Pや私的なストリーミング配信と比べての利点

ネット上にはP2Pやストリーミング動画配信サービスを経由させて現地のテレビ放送を海外の人に見せている人達が大勢います。そうしたサービスや動画URLを探し出してくればライブ放送を視聴できますが、公式のストリーミングではないためすぐに行方不明になったり、放送局からのクレームを逃れるために頻繁にURLを変えたりすることも珍しくありません。

一方、VPN接続を利用して公式サービスにアクセスするケースでは、URLが変わることもまずなく、常時見られる環境が約束されています。安定した画質、ブロードバンド対応のサービス、充実した録画ファイルの提供など、利点は数多くあります。


今回参考にしたサイト

VPN on the top of the world
VPNサービスの比較やWindowsでの設定例などが載っており、大変参考になります。
Hello, BBC in 極東!
上記と同じ方のサイトです。BBCを日本で見る方法についての紹介ですが、こちらでもVPN接続のあれこれが記されています。
hulu, Netflix, USのiTunesを日本から利用する方法
クレジットカード支払いや無料VPNサービスで注意すべき点が紹介されています。

【追記~口コミサイト】

英語サイトになりますが、後からVPNサーバ比較の口コミサイトがあることを知りました。今後の参考にしたいと思います。

My VPN Reviews [ http://myvpnreviews.com/ ]
Personal VPN Reviewshttp://personalvpnreviews.com/ ]


■実際に試してみる

【最初にルータ経由での接続について確認】

まずは、家で使っているブロードバンドルータが外部VPNサーバへの接続を通してくれるかどうかを確認しました。

http://www.aterm.jp/function/guide13/list-data/common/main/8300/m01_m34.html

自分の場合、ルータのメーカー説明書に「VPNパススルー機能」に関する解説が載っており、ルータにつなげた普通のパソコンから海外のVPNサーバに接続する限りは、特別な追加設定はいらずそのまま使えることがわかりました。

ふだん使っているフレッツ光+プロバイダ接続を切るといった操作はせず、VPN接続をつけたり切ったりすれば良いらしいので、これなら米国や英国のテレビ・動画を見る時だけポチッとONするという簡単操作で済みそうです。

【VPNサーバからアカウントをもらう】

管理人は、参考サイトで紹介されていた「HideIPVPN」という業者を利用することにしました。3時間限定で無料テストさせてもらえるということで、まずは有料契約を結ぶ前にうまくいくかどうかを確認してから決めることに。

http://www.hideipvpn.com/freetrial/
フリー・トライアル申込み画面で氏名とメールアドレスを入力すると、メールにてアカウント名・パスワード・接続可能なサーバ一覧のリストが送られてきます。

http://www.hideipvpn.com/setup-howto/
に載っているOSごとの設定方法一覧から自分に該当するものを選び、見本であるキャプチャ画像を真似ながら設定を行います。

http://www.hideipvpn.com/2011/11/hideipvpn-application/
Windowsのみとなりますが、難しい設定が苦手な人向けに専用ソフトも用意されています。こちらは
 ・送られてきたアカウント名とパスワードを入力
 ・接続先サーバを選択
 ・Connectボタンを押して開始
 ・Disconnectボタンを押して終了、ふだんの接続に戻る
という簡単操作となっています。

【いざ接続】

接続アイコン (Windows XPの例)

今回は専用ソフトではなく、Windowsの新しい接続作成ウィザードで設定を行いました。ネットワーク接続一覧に追加されたアイコンをクリックし、業者から送られてきたアカウント名とパスワードを入力して、いざ接続です。

接続完了

認証を終え、無事に英国のVPNサーバに接続されました。これで管理人のパソコンは一時的に「英国内にあるパソコン」としての活動開始です。

【無事にBBCのライブ放送も見られるように】

視聴成功

先ほどはエラーが出ていた画面で、無事にライブ放送が流れ出しました。英国へのVPN接続は無事に成功しました。

ちなみに上記BBC iPlayerでは「S」マーク(字幕=Subtitlesの頭文字)を押すと字幕が出てきます。英語の学習にぴったりの機能です。

【米国へのVPN接続もテストしてみることに】

今度はUKとは別に新しいVPN接続の設定を追加し、USサーバにもつなげられるようにしました。上のUKサーバへの接続はいったん切って、USに切り替えです。

glee

試しにgleeというドラマのサイトに行ってみました。「アメリカ合衆国内の外から見られません」と表示されていた真っ黒な画面に、無事フルエピソードの動画が流れてくれました。他にも子供チャンネル等を訪れてみましたが、アニメ等の「Video」が無事に見られる状態に変わっていました。

こちらも接続テスト成功です(^^)

CC

最近はYouTubeも含め動画に字幕をつけるオプションもだいぶ増えてきたようです。オンラインでのコンテンツ配信でも、聴覚障害者の方向けと思われるサービスの一環だと思いますが、英語の番組に字幕(CC、closed caption)機能がついているので大変便利です。リスニング能力が十分ではない管理人も、最近こうした字幕を活用してドラマを見ています。


■ドラマの最新エピソードはすぐに見られる?

アメリカの有名テレビ局のサイトを一巡してみたのですが、最新エピソードに「Unlock」(ロック解除)というマークがついているのを度々目にしました。

ロック解除

こうした鍵マークが出ている場合、放送されたばかりの番組をアメリカ国内のCS等業者で有料契約している顧客に限って公開している模様です。それ以外の視聴者は8日間といった具合に決まった時間数が経過してからアクセスできる仕組みになっています。

そのため、日本からVPNアクセスしても必ず最新の放送をいち早く楽しめる訳ではないというのが現状のようです。


■録画ではなく、ライブ放送は見られる?

英国のBBCなど無料でそのままライブ配信してくれるサービスもありますが、人気の有料チャンネルは録画提供がメインのようです。

有名な商業チャンネルは元々お金を取って顧客を集めているということもあり、単にサイトを訪れただけで何もかも見せてくれる訳ではありません。英国のSkyもそうですが、そういった有料サービスでライブ配信をしている場合には、自分がパラボラとチューナーの一式を買うなどして元々契約しているコースの契約情報の登録を求められることが一般的のようです。

お客様ナンバーや視聴カードの固有番号など、その国に住んでいて実際に契約を結んでいないと絶対に手に入らないIDと引き替えに、サービスを受けられるという形です。

好きなドラマ番組があるとしても現地と全く同じ時間にライブ配信で楽しむというのはできないことも多いため、Slingboxやロケフリなどを使わない限り、日本からでは多少遅れてチェックするしかないというのが実情のようです。


■VPN接続サービスも万能でない模様

HideIPVPNの有料契約を結んで米国版のhulu.comに行ってみたのですが、”Proxyサーバの類を介して接続しているので、あたなはこの動画を見られません”というメッセージが出てしまいました。VPN接続でも、その手のサービスが使っているIPアドレスとして会社側に把握されてしまうとブロックされてしまうということのようです。

エラー

なお、下記のブログの方は他社VPNサービスで米国版Huluに問題なくアクセスできているとのことでした。
http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-1319.html

【追記】

HideIPVPNは4つのUSサーバを持っているのですが、その後ちゃんと全てのサーバを試したところ、
 ・US1サーバ(Hulu.comの動画閲覧不可×)
 ・US2サーバ(Hulu.comの動画閲覧可能○)
 ・US3サーバ(Hulu.comの動画閲覧可能○)
 ・US4サーバ(Hulu.comの動画閲覧可能○)

どうもお騒がせいたしました・・・(^^;)


■海外ストアのアカウントを作って取得したスマホアプリとVPNの接続

管理人は3つのメールアドレスを使い分けて、日本以外にも海外のiTunesストアにアカウントを作っています。(本来アップル社が認めていない行為ですが、日本のストアで入手できないアプリをテストしたいと思い、試してみました。海外アカウントの作り方については、検索すると色々なサイトが見つかりますので探してみて下さい。)

今回利用したVPNサーバはiPhone/iPod touch等での利用も可能ということで、管理人も手持ちのiPod touch(普段はルータにWi-Fi接続)にてVPN接続の設定をしてみました。

上手くいけばUKサーバに接続している時にはUKストアから無料ダウンロードしたテレビ配信アプリが使えるはずなのですが、残念ながら「通信装置によって接続を解除されました」というエラーが出て接続が切れてしまいました。

どうやら解決に向けた作業が必要なようです。これについては今後の課題とする予定です。

【追記~2011/11/24】

その後、EMOIBLE(イー・モバイル)のPocket Wi-Fi 「GP02」とiPod touchとを組み合わせてテストを行ってみました。

VPNサーバ会社のセットアップガイドに従い設定を行ったところ、無事にVPN接続を維持したまま英国iTunesストアから取得したUK限定アプリを利用することができました。これで英国ITV等のオンデマンド動画配信アプリで「UK国内でしかご覧になれません」というエラーが出なくなりました。

高速で移動する電車の中だとGP02自体のスピードがだいぶ落ちるのですが、更にVPN接続で減速してしまうせいか、動画をスムーズに楽しむには少々厳しいように感じました。局からの電波が安定して入る場所で動かずに視聴するのが良さそうです。

(ちなみに、同じGP02でもデータプランBというVPN接続に制限がかかる契約プランもあるので要注意です。本家イー・モバイル以外の会社が提供している格安プランは、このデータプランBであることが多いようです。例えばGMOだととくとくBBの普通版がこのデータプランB相当で、VPN等への制限を解除したプラス価格上級者向けバージョンがアドバンストとして別途提供されています。)

なお、自宅光回線につないだNECルータ経由だとiPod touchで「通信装置によって接続を解除されました」というエラーが相変わらず出てしまいます。こちらは引き続き原因を探っている最中です。

【追記2~2012/05/21】

UK VPNサーバ+iTunesのUKストアからダウンロードした無料アプリの組み合わせということで管理人がダウンロードしたのは、BBC iPlayer、ITV Player、4oD Catch Up、Demand 5などです。

この他にもFilmOnアプリにてBBC One他のライブストリーミングが見られる状態にできるなど、日本からのアクセスでは地域制限ゆえに利用できないサービスを楽しめることを確認できました。


■Proxyサーバの利用

HideIPVPNは、VPN接続以外にもProxyでの接続サービスも提供しています。

http://www.hideipvpn.com/category/proxy/
を参考にウェブブラウザの設定を行ったところ、VPN接続の時よりもネットスピード計測サイトでの下り数値がかなり改善されました。

Proxy経由という理由でコンテンツへのアクセスをブロックされない限りは、VPNではなくProxyの方でいってみようかと思っています。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。