スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外衛星が「No Signal」表示で受信不能に

受信トラブルや失敗話
05 /26 2012
今日海外衛星チューナーをつけたところ、No Signal表示で一切受信できなくなっていました。先日までは全く問題なかったのですが、いつの間にか同軸ケーブルか隙間ケーブルが断線か何かしたようです。ひょっとするとLNBFの故障ということも考えられるので、一度点検しなければと思います。

90cmKuバンドアンテナについてもUSALSでH-Hモーターが回らなくなっているので、おそらくそちらも断線しているはずです。海外衛星はチャンネル入れ替えが激しく定期的なスキャンが必要ですが、ハード面の手入れを怠るとどんどん使い勝手が悪くなっていくのでなかなか大変です。

受信トラブルとは関係の無い話題になりますが、最近世間を騒がせているB-CASカードの書き換え問題は海外衛星の世界で頻繁に行われてきた手法で、「ついに日本にも大々的に入ってきたのだな」という感想を持ちました。

スマートカード形状のスクランブル解除カードはいったん暗号解読されてしまうとタダ見視聴者が爆発的に増えるという欠点があります。ヨーロッパ等ではスクランブル方式を定期的に変更する放送会社と視聴者とのいたちごっこなのですが、スマートカードの中身を書き換えるどころか、中身が入っていないまっさらなカードが売られておりカードライター経由で情報を書き込んでお好みのスクランブル解除カードを新規作成してしまうという手法まで広がっています。

その国の有料放送サービス市場を大いにおびやかす問題なので、日本国内においても事態が沈静化することを祈ります。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。