スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Media Centerが激重で文字までにじむトラブル

雑記
07 /01 2012
マルチ方式液晶テレビBraviaと接続しているサブPC(動画視聴メイン)では、ここしばらくWindows Media Centerの挙動がおかしく大変困っていました。その現象というのが

1)とにかく重い
マウスで操作しファイルとファイルの間を移動するにもカクつく有り様で、ビデオ再生も非常に重いという現象に悩まされました。 これでは外付HDDに入れた動画を楽しむどころではありませんでした。

2)文字のにじみ
「ビデオ」「ピクチャ」などと書かれたメニュー画面の文字がにじんでぼやけてしまい困っていました。

しばらく放置していたのですが、グラフィックカードRadeonのドライバソフト等を更新して設定を見直していた時に、このトラブルの解決策を検索エンジン経由で得ることができました。どうやらCCC(Catalyst Control Center)での設定が悪かったようです。

【重くてガクガク動作だったトラブルの解決策】
CCCのビデオ設定にて「強制的になめらかなビデオ再生を実行する」をOFFにしました。今までこの設定項目は動画再生支援を促進するものとばかり考えていたのですが、必ずしもそうとは限らなかったようです。こちらを無効にした途端、Windows Media Centerが再びスルスルと動き出しました。これで一件落着です。

【文字のにじみの解決策】
こちらについては「ゲーム>3Dアプリケーション設定>形態学的フィルタリング」のチェックを外すことで解決しました。メインPCでもこちらにチェックを入れるとWindows Liveメール等のメニュー部分で文字がにじんでぼやけてしまうので、この設定には今後も注意しなければと思います。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。