スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slingbox M2を米国Amazon.comより個人輸入

海外通販・個人輸入
02 /26 2017
これまで使っていたSlingbox PRO-HDもすっかり古くなり、スペック的にも型落ち感が増してきたこの頃。国内で販売されているSlingbox M1は米国内での価格に比べるとかなり割高なため、今回はSlingbox M2を米国Amazon.comから海外通販することにしました。

米国Amazon.comではSlingbox M1が79.99ドル、Slingbox M2が99.99ドルで販売されています。しかし日本に直送してくれるのはM2だったので、今回はM2を注文することにしました。

請求は日本円にて。本体価格が11,809円、送料が932円、Import Fees Depositが1,019円。合計13,670円でした。日本国内のAmazon.co.jpでの個人出品に比べれば多少安いですが、そんなに変わらないかな、というのが正直な感想です。

今回は一番送料が安い便を選択。輸送手段はUPS i-parcelでした。途中紛失や返送の例が多く評判のいまいちなi-parcelだっただけに心配していましたが、注文から8日ぐらいで日本に到着したので、ホッとしています。

slingboxm2_amazonusa.jpg

Amazon.comからの海外通販については他のサイトやブログで紹介されているので詳細は割愛しますが、今回の通販ではi-parcelの公式番号追跡サイトでは現地を発った後の更新が滞っており、日本国内に届いたことはAmazon.comのトラッキングページで先に知りました。

日本国内では佐川が配送を担当しており、管理人も他サイトの方の記録を参考に佐川SGH側の追跡番号をメールにて請求しました。i-parcelのカスタマー部門にメールを送ったところ、営業時間内だったこともあってか、なんと5分ほどで返事が来ました。追跡番号を請求するという範囲においては、今回の迅速な対応に満足しています。


【Slingboxの個人輸入、並行輸入品について】

並行輸入品についてのご注意
http://archive.slingbox.jp/support/faq/315.html
PSEマークを取得していないSlingboxの並行輸入品をご利用頂くと加熱や発火などの危険があります。また、電気用品安全法により、PSEマークの承認の無い製品の国内販売は禁止されています。PSEマークの無い並行輸入製品にご注意ください。お客様の安全なご使用の為にも、正規品のご購入をお願い致します。弊社では、弊社正規販売品以外の製品サポートは一切実施いたしておりません。予めご了承ください。

Slingboxを米国から取り寄せた場合、日本国内代理店であるイーフロンティアのサポートを受けることはできません。うまく設置できなくても電話やメールで質問することは不可能ですし、万が一不良品でも返品や交換の窓口になってくれる訳でもありません。

SlingboxはACアダプタの故障が昔から多く、過去に不具合が起きたりしています。実際に管理人もACアダプタを交換しています。そういう前提があるので、「まさか火を吹くことなんてあり得ないよね!」とは言い切れないのです。使用中何かがおかしいと感じたら、本国のサポートフォーラムなりを調べ、すみやかに対処してください。

海外通販したSlingbox M2のACアダプタにはPSEマークがついています。電圧は100-240Vに対応しています。本体から取り外し可能なACアダプタを用いる製品では、本体にPSEマークが付いていなくても、ACアダプタに付いていれば大丈夫なようですが、Slingboxの場合はこれで問題クリアということなんでしょうか。管理人は素人なので正解を書けず申し訳無いです。

そういえば、M1やM2は無線LAN対応(Wi-Fi内蔵)なので、電波法がらみで技適の件も考慮しなければいけなかったのかもしれません。M2は日本でも販売されているM1と同じハードウェアということもあって管理人はあまり考えずに個人輸入しました。Wi-Fiは使わず有線LANで接続していますが、厳密な電波法の観点からするとOFFにするだけでは不十分なようで・・・

技適マーク、無線機の購入・使用に関すること
http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

Slingbox M1/M2シリーズの技適マーク確認方法が知りたいところです。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。PC自作機の手入れや新たな趣味の開拓ができない中で大型メッシュアンテナまで破損し、そのまま海外衛星受信は引退へ。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。