スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2台のSlingboxを連結して1台の機器を共有する

Slingbox
02 /27 2017
Slingbox M2を購入したものの、Windows 7パソコンでは広告の出るWebSlingPlayer以外に視聴手段が無いことを知った管理人。

本来ならばM2のみで運用するスタイルが理想だったのですが、不便さに耐えきれずPRO-HDを復帰させることにしました。モバイルアプリで視聴するぶんには全く申し分無いので、モバイル端末で視聴する時はM2に、パソコンで視聴する時にはPRO-HDに接続するという使い分けをする形に落ち着きそうです。

接続は、2台のSlingboxを連ねる方式としました。米国公式サイトのサポートフォーラム等で紹介されていたので、真似をしてみることにしました。複数の書き込みがあったので、こうして異なるモデルのSlingboxを掛け持ちして運用するのはそう珍しくないようです。

multiple-slingboxes.jpg

SlingboxにはINとOUTがあり映像・音声信号を他の機器へ流せるようになっているので、Slingboxを重連させた上で液晶テレビまでつないでいきます。

こうすれば1台の同じチューナー・レコーダーを共有することができますが、あくまで共有なので、それぞれから同時にリモコン操作すればバッティングしますし、同じ映像しか見られません。あらかじめ示し合わせて同じ番組を同じタイミングで家族がそれぞれリモート視聴する、というのであれば同一チューナーを別のユーザーで分け合うことも可能ではあります。


【追記】
その後Slingbox PRO-HDは引退し、Slingbox 350と交代。Slingboxを連ねる方式は止めて、チューナーにつき1台ずつ接続するようにしました。

虎太郎

デジタル機器の好きな元文系人間です。家のあれこれで機材のメンテナンス継続が難しくなり海外衛星受信やPC自作は引退。

最近はPCやタブレットを使ったインターネットTV、STBのリモート視聴機能、Slingboxによるライブストリーミング、Android TV Boxにて国内外の放送を楽しんでいます。

所有Slingbox;
PRO-HD、350、500、M2

所有PC;
Windows 10、Windows 7

所有タブレット;
iPad、Android、Windows 10

その他;
Apple TV、Android TV Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。